「売れるしくみ」を考えよう


好きなことや得意なことで起業したい!と思ったら、そのアイデアを事業としてカタチにしていくことが必要です。

その時に考えるのが「売れるしくみ」。一般的には「マーケティング」と呼ばれるもので、以下の5つの視点から考えてみることが大切です。

誰に? あなたの商品やサービスを提供する対象のお客様がどのような人か?ということを考えます。
何を? お客様にどのような商品やサービスを提供するのかを考えます。商品やサービスの名前、特徴、デザイン、パッケージ、品揃え、保証、アフターサービスなど、トータルで考えましょう。
いくらで?  商品やサービスの金額(料金)を考えます。
どこで? 商品やサービスの提供場所を考えます。大きく分けると、店舗を持って販売するのか、それとも店舗を持たずに販売するのかに分かれます。店舗を持たないタイプの販売方法には、ネットショッピングやカタログ通販、訪問販売、イベントでの販売、卸売などがあります。
どのように? あなたのビジネスをお客様にどのように知ってもらうかを考えます。大きく分けて、見込み客に積極的に働きかける「プッシュ型」と、お客様からの行動を待つ「プル型」とがあります。

  • プッシュ型…営業スタッフによる人的販売、ダイレクトメールなど
  • プル型…チラシ、ウェブ広告

投稿者

永田洋子
株式会社PLUS-Y 代表取締役
女性専用レンタルサロンみずいろ会館オーナー
内閣府 男女共同参画局の女性のチャレンジ支援賞を受賞(2016年)。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る