売上は何から出来ている?


今よりも売上を伸ばしたい、と思った時にどうしたらいいのでしょう?

「広告を出してお客様を呼び込もう」

「商品(サービス)の値段を下げてもっと多くの人に購入してもらおう」

「イベントを開催してお客様を広げよう」

・・・などの施策を思いついてやってみようと考えた方、ちょっと待って!

施策に取り掛かる前に、現状をしっかりと把握、分析する必要があります。

 

まず、売上は以下の公式で表されます。

売上=客数×客単価×回転率

ここから分かるように、売り上げを伸ばすには

  1. 客数を伸ばす
  2. 客単価を伸ばす
  3. 回転率を上げる

のいずれかの方法が必要となります。自店の現状から見て、どの方向性がもっとも効果がありそうか、費用対効果も含めて検討をしてみましょう。

具体的な方法は以下の通りです。

①客数を伸ばす

新しいお客様を獲得する方法を考えます。

  • 広告で新規のお客様を集める
  • 新たな商品やサービスを提供する
  • 営業日数を増やしたり、営業時間を延長する
  • 新たな販売先を広げる(店舗販売だけだったのをネット販売も行う、など)

②客単価を伸ばす

既存のお客様に対して、一回に購入していただく金額をアップする方法を考えます。

  • まとめ買いを提案する(例:2個買うとお買得になる)
  • ついで買いを促す(例:レジにお菓子を置く)
  • 関連商品などのオプション追加を提案する(例:ヘアカットにトリートメントを提案する)
  • 商品やサービスの値段を上げる

③回転率を伸ばす

一人当たりの来店回数、購入頻度を高める方法を考えます

  • スタンプカードを発行する
  • 複数枚のチケットを発行する(例:コーヒーチケット)
  • 有効期限付きの次回来店時特典を提供する

なお、単に売上だけ伸ばしても利益も増えないと意味がありませんので、必ず利益も確認するようにしましょう。

 

投稿者

永田洋子
株式会社PLUS-Y 代表取締役
女性専用レンタルサロンみずいろ会館オーナー
内閣府 男女共同参画局の女性のチャレンジ支援賞を受賞(2016年)。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る