ハンドメイドクラフト作家を目指す方へ


ここでは、ハンドメイドクラフト作家に分類される職種を取り上げます。

仕事の内容
アクセサリーや布小物などのハンドメイド(手作り)作品を製作し販売します。
起業の特徴
ネットショップでの販売やイベント出展、カフェや雑貨店での委託販売などからスタートする人が多いようです。成長するにつれ、百貨店やセレクトショップで販売したり、自身の店舗を持ったりする方もでてきます。
起業の形態
自宅で個人事業として起業する人がほとんどです。
起業の費用
製作は自宅で行う人が多く、初期投資が少なく費用をかけずに起業することが可能です。
起業する上での注意点
手作りの作品を簡単にネットで販売できる仕組みが普及し、手作り市などのイベントも増え、販売者が多くなっているため、作品自体のオリジナリティや魅力が欠かせません。
資格や許認可と法律
・手作り石鹸や化粧品、アロマスプレーなどの販売には薬事法に規定された製造販売許可が必要です。
・プリント生地で作った布小物を販売すると(生地の商用利用)、一部のブランド(例:マリメッコ等)では、著作権法違反となります。
・製造物責任(PL)法にもとづき、製品の欠陥によって購入者が損害を被ったことが証明された場合には、損害賠償を求められることがあります。

投稿者

永田洋子
株式会社PLUS-Y 代表取締役
女性専用レンタルサロンみずいろ会館オーナー
内閣府 男女共同参画局の女性のチャレンジ支援賞を受賞(2016年)。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る