スクール運営&講師を目指す方へ


ここでは、スクール運営&講師に分類される職種を取り上げます。

仕事の内容
音楽や語学、クラフトなど、自身が持つ技術やスキル、ノウハウを教えることで収入を得ます。
起業の特徴
自宅などでスクールやお教室を開業する方法や、講演会場や各種学校・企業などに出向き、講師として働く方法があります。
起業の形態
スクールを開業する場合、自身の独自のコンテンツで開業する方法と、フランチャイズに加盟しコンテンツを借りて開業する方法があります。自宅で教室を開く女性の多くは個人事業ですが、事業のボリュームによっては法人化も可能です。講師の場合はフリーランスとして活躍する場合が多いようです。
起業の費用
自宅における教室開業の場合は数万円程度で可能です。フランチャイズに加盟する場合は加盟金として数十万~数百万円かかることもあります。
起業する上での注意点
スクールの場合、生徒が通いやすい立地が求められます。また、既存のスクールと比較して明確な差別化を打ち出さない限り、知名度の高い大手に対抗できません。
資格や許認可と法律
講師をするにあたっての特別な資格や手続きはありません。

投稿者

永田洋子
株式会社PLUS-Y 代表取締役
女性専用レンタルサロンみずいろ会館オーナー
内閣府 男女共同参画局の女性のチャレンジ支援賞を受賞(2016年)。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る