開業したい人がよく間違えちゃう分かれ道

LINEで送る
Pocket

こんにちは。長谷川亜由美です。

ホームページ制作と開業は、切っても切れない縁がありますように

私も、開業に関するご相談は、ひんぱんにうけています。

多くの方が「開業したい。そうだHPつくろう!」みたいなノリでいらっしゃるのですが

・いやそれ、ホームページ作る前にやることありますよね

とか

・その事業で本当にいいんですか?

とか

・そもそも、開業しなくてもいいんじゃないですか?

みたいな感じで、

「開業したい!」という思いだけで、前を向いてスタートラインに立ったと思いきや、実は後ろ向きに走っていた、なんてことも、よくある事例です。

それだけ、自分のことはよく見えていないという証拠なのですよね。

相談を受ける側からしますと「なぜ、その事業を選んじゃったのでしょうか?」ってことが多いんですが

そういう方たちの共通点としては、ご自身の強みや経験をまったく無視して、新しいものに飛びついて走り出してしまうところでしょうか。

たとえば、20年近くも、営業職をやってきたにもかかわらず、「アロマセラピストになりたいんです!」みたいな方は、起業セミナーやると必ずいらっしゃいます。

なんでアロマセラピストなんですか?って聞くと「アロマで癒されたので、私も人を癒やしたいんです。資格もとっちゃったし」と、答えます。

100人いたら、100人がそう答えます。

開業の成功パターンは、自分の得意分野から、ちょっとずつ広げていくことなんだけど

すごーく、自分の遠いところから手をつけちゃうのは

たぶん

自分の家の近所に、美味しい店があるはずがないという思い込みと似ていて

夢って、すごく遠い世界にあるように感じちゃうんでしょうね。

だから、長年やってきた営業職経験を活かして、事業につなげようなんてことは思いもせず、なんとなーーーく、キラっと光り輝く未来がありそうな、遠くの月に手を伸ばしちゃうんですよ。

でも、遠いんだから、手につかむまでの時間だってそれなりにかかるはずなのに

その現実は見えていない。

私としては、不思議すぎてしまいます。。

もっといいネタもってるくせに、なんで見えていないのかしら?と。

「近く」と「遠く」という分かれ道があるなら、近くを選んでほしいんです、最初はね。

ちょっと体力つけてから、遠いところに行ったほうがいいでしょう。

山登りしたことない人が、いきなりエベレストとか、目指さないはず。

金もないコネもない、お客もいない、という状態から開業しようとするなら、少しでも自分の得意分野を「お金」という価値に変えようと思うのが、ビジネスとしてはごく当然の考え方です。

小さく産んで、大きく育てる。

子育てと同じですね。

ただ、もちろん、資金が潤沢にある場合は、いきなり一攫千金を狙ってもいいと思います。

エベレストにヘリで登ってやる!みたいな。それも、アリですよね。できるかどうか、知りませんが。

お金もない、コネもない、お客もいない状態からやるなら、コツコツやっときましょうよ、っていうだけですから。

水に小石を投げてひろがる波紋のように、自分に近いところから、少しずつ広げていくのが、自然の摂理のように思います。

彼氏が欲しいな~って思う人も、遠いところばかり見ないで、自分のまわりを見渡してみたら、いい人いるんじゃないでしょうかね。

経営者経験30年、4つの事業を経験してきた私が、開業のご相談を受け付けております。

分かれ道を間違える前に、ぜひどうぞ。

https://ai-comm.co.jp/kigyousoudan.html

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
女性向けホームページのつくりなおし専門家

18歳から5つの事業に携わってきた、失敗経験や成功経験を元に、女性が女性らしく働くためのひとつのスタイルとして「起業」をサポートしています。
LINEで送る
Pocket

関連記事

おすすめ投稿

ページ上部へ戻る